• ryonarab

第一回応援プラン向け会報その①:「支援金の使いみちと予算感」

最終更新: 2019年4月26日


こ応援プランにご参加頂いている皆様、いつも本当にありがとうございます。


開設当月は2名様だったリョナクエ応援プラン参加者も、今では本当に多くの皆様にご支援いただけるようになり、この記事を書いている段階で56名様に応援頂いております。

無料プランを含めると403名の方にファンになっていただき、本当に嬉しい限りです。


初めてのゲーム制作、初めてのイベント参加。

マイナーな制作環境(ティラノビルダー)×Live 2Dの不都合に日々悪戦苦闘しながら、メゲずに制作を続けていられるのは、皆さんの温かい支援に答えなくては!という気持ちがとても大きく、「期待してくれる人たちがいるんだ!」と日々励みになっています。


一人ひとりにとっては300円という額でも、56名の方に支援していただければ16800円です。

この金額にどれだけ助けられていることか。もちろん、300円とはいえ個人の大切なお金です。本当に感謝しつつ、大切に使わせていただいております。


リョナラボは明朗会計ということで、今までいくら支援していただき、それを何に使ってきたかを包み隠すさず発表したいと思います。





これまでの支援額(2019年4月25日現在)
合計:118782円です!


これはすごいことです。

皆さんの300円が、積み重なり形となって制作の後押しをしてくれています。

何度でも言います、本当いつもご支援ありがとうございます!


いつの間にやら上乗せ支援までいただけるように・・・!

hakuさん。

ChronosXIIIさん。

愚者さん

アラモさん。

公爵さん。

けみぱんださん

kat117さん。


上乗せ支援、ほんとうにほんとうにありがとうございます!!!!

涙が出るほど嬉しいです。

お気持ち、しっかり届いています。

この場をかりて、熱く御礼申しあげます!


それでは、使用用途について。

過去にはリョナケット出展時のアクリルキーホルダーの制作費(67,253円)の一部として、またパンフレットの印刷費(49,948円)の一部としてありがたく使用させていいただきました。



そして今回、また新たにLive2Dモデルのモデリング費用(外注)として、

今回発注分のうちの一部[6万円]を支援金から使わせていただきました。

前任のRenheeさんが途中で抜けられてしまって、未着手のままだった5体のモデルへのモデリングです。


※モデリング=モーションを付けるためのパラメータをイラストに設定する高度な作業。


Live 2Dに関してはイラスト代、モデリング費用、そしてソフトウェア使用料に合計で30万円ほどかかっています。

その中で、6万円を支援金から捻出させていただいたことになります。


今回発注した部分については、モデリング自体は最悪自分でも出来なくはありません。

ただし、素人が行うと非常に時間がかかる上に完成度の低さが仕上がりに直結する作業です。

自分で行うか、外注するか大いに悩んでいたのですが、作品のクオリティを上げるために「いまこそ支援金を使う時だ」と考えました。


おかげ様で、今では全てのモデルにモデリング作業が終了しモーション制作に取り掛かっています。


リョナクエはいくらで作っているの?

こないだ「金がねぇ、金がねぇ・・・」とつぶやいていたのは、たまたまあのタイミングで制作費として大きな支払いをしたからでした。


リョナクエは個人の貯金と毎月の収入からの積み重ね、そして心の友(リアルの親友)が売れると信じて融資してくれているお金で制作が成り立っています。

(そこに+して作品のクオリティを上げるために、皆様からの支援金ですね。)


さて、予算に関しては以前軽く逆算すればわかるような記事を書きましたが、

ぶっちゃけると今200万強くらいです。(どんどん増えてる!)


コラボが決定する前はトータルで50万いかないくらいで考えていました。

「売れても売れなくて、作ることに意味がある」

「売れなくても、バイク1台買ったと思えば」

そんな心意気でしたが、コラボがきっかけであれやこれやとやりたいことが増え気が付けば・・・


  • 原画:110万~ ※ゲスト絵師やドットも含む。現在進行系で増えてます

  • 機材:およそ40万ほど ※アフターエフェクトを快適に動かすため、最強スペックに組み上げました。

  • ソフトウェア:9万ほど ※Adobe CC 年会費やクリスタ、Live2D Cubism3、ティラノビルダー他

  • 音楽:10万ほど ※メインテーマやジングル、現在制作中の主題歌がトータルで

  • 広報:20万~  ※りょなけっとや印刷代、Webサイト管理費等でもろもろ

  • 声優:20~30万: ※スタジオ・エンジニア代含む。もっと行くかも

  • 雑費:5万~ ※背景や効果音といった素材、遠征費等


ざっと思いつくのでこんな感じに。

正確ではないです。たぶんもっとかかってるかと。

デザイン関係は自分でやっているのでデザイン費が一切かからないのは結構ラッキーだったりします。

12Pのパンフレットなんて外注したら大変なことに・・・


そう、そして

人生かかってるというのはガチなのです・・・


売れたら続編が出したいです!

それが夢です!

が、まず信じてくれた友人に真っ先にお金を返したいですね・・・!!


◆今後の支援金の使いみちについて。

なお、今回のLive2Dの支払いで一旦使い切った形となりますので、今後の支援金の使いみちとしてはゲスト絵師への依頼料となる予定です。


まだ確定ではないので、ファンティアの方では明言を控えましたが、現在お声掛けさせていただいているのは


・Jam8さん(Ez6さんの裏アカ)(グロリョナ)

・もうさん(状態変化)

・ダイニングさん(屈辱)


です。


いくらお約束いただいているとはいえ、実際に作業に取り掛かってただくまではどうなるかわからないものです。

ご迷惑をおかけしないようそれまでは正式な発表は控えていますので、恐れ入りますがこの件について公表したり絵師様に問い合わせたりするのはご遠慮ください。

宜しくお願い致します。


ちなみに・・・

例えばダイニングさんの場合、主に「屈辱系エロ」の担当をしていただきます。

今打ち合わせしている内容で言えば、


魔王討伐という使命を半ばに、「洞窟から脱出する」という選択をするリヨナ。 外へ出ると、たまたま居合わせならず者たちに捕まってしまう・・・

「勇者が尻尾巻いて逃げ帰って来たことを王国民達にバラされたくなければ、言うこと聞きな」 と脅されたリヨナは、ならず者たちのいいなりとして徹底的に屈辱される・・・


といった内容です。(まだ構想の段階ですが)

リョナクエはグロに注力しすぎてエロが欠如していますので、ダイニングさんにはこういった屈辱系エロを補填していただく方向で話をすすめています。


ちなみに、ダイニングさんはグロもイケるくちだそうですよ・・・

なのでゲームという特性を活かし、屈辱された後の展開も、ルートとして複数用意することになりそうです。


屈辱されて全裸で放置であったり、あるいは酷たらしく惨殺されてしまったり、または通りかかった王国兵に救助され、逮捕されたならず者(女盗賊)が逆に屈辱されたり・・・


どんなシーンになるか、是非お楽しみにしていただければ幸いです



更に、この他にも個人的にビビッときた素敵な絵師の方々に随時声をかけてゆきたいと思っています。

全ての方に参加していただくことは難しいですが、一人でも多くのリョナ絵師の方にご参加いただければと願っています。


なお、ゲスト絵師の方に寄稿していただく場合、絵師さんによりますが1カット大体5000~30000円+α。

煤あんぱんさんのようなマンガ形式だと1P 5000円~3万円程度。

※あくまで目安です。


これらの支払いに今後支援金を使わせていただく予定です。


頂いた支援金はこれからも100%作品のクオリティを上げるためだけに使わせていただきます。

皆様の応援が、作品を底上げするちからになります!!!


どうか、今後も応援とご支援。何卒宜しくお願いし致します。


リョナらぼ

65回の閲覧1件のコメント

リョナモンクエスト

~勇者が勝つとは限らない!?~

お問い合わせ先: ryonarab@gmail.com

© 2018 by リョナラボ!